スローライフ小物【早くも作業用手袋に穴!】

Slowlife
DSC_0003

寿命3週間!!

 4月7日に公開した作業用手袋の話ですが、その手袋に早くも穴があきました。使い始めたのが4月6日で左手の中指に穴があいて大きくなったのが、4月27日です。3週間で寿命が来ました。人差し指の側面は穴ではなく、正しく縫製されていなくて補強の皮が外れている状態です。この時は、買い置きで左手だけを新品にしました。

左手中指の穴:4月27日

 使い始めて直ぐに梨園で伐採された梨の木を運び出す作業をしたのですが、その時に肌の粗い梨の木をかなり雑に扱ったので豚側の表面が一気に荒れて表面が一皮はがされた感じになっていました。4月からここまでほぼ毎日、里山の手入れや薪作りで使っていたので「穴あくかな~」と思っていたらやっぱりあきました。

 そして本日(5月4日)に右手の人差し指の穴が大きくなり、めでたく右手も新品にしました。

右手人差し指に穴:5月4日

 毎日使って寿命3-4週間は、ダメですかね?!

 自分の使い方に対して皮が柔らかすぎて無理があったのでしょう。前回5か月くらいもったのは、週末だけの使用でしたから実作業時間は同じくらいだったのかもしれません。

 Grip SWANYのG-70(CAMP GLOVES)の様なタイプを探すのがいいですかね。Grip SWANYは、縫製糸(ケブラー)のほつれは永久保証(G-70はケブラー縫製でないので対象外)ですが、寿命は皮の破れとしているようです。まあ、皮が破れれば寿命ですね。

 でも、もしGrip SWANYで選ぶならG-1タイプの縫い代が外にあるものが好みです。お高いですが、、、

 また、いい手袋を見つけるようにします。

このブログは、Cocoon標準のConohaWINGで作っています、興味のある方はバナーからConohaを覗いてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました