ZX14R車検【排気と騒音OKでもマフラー不合格】

NinjaZX14R
DSC_0022

 ああ、気が付くと7月! ブログの更新が1ヵ月出来ていませんでした。

TüVのEmissionReport

欧州法規とのハーモナイズはどうした!

 先月のZX14Rの車検について触れておきたいと思います。特に大きなカスタマイズはやっていませんが、マフラー交換、リアフェンダーレス化、フロントフェンダーエンド延長、リアインナーフェンダー追加が変更点です。

 マフラーは、ドイツのSpeed PRO Cobraのスリップオンマフラーを装着しています。パスしている排気規制は、欧州「Euro3」で、eマークも製品に刻印してありますし、TÜVのEmission Reportも車検時に提出していました。

 しかし、実際には「排ガスOK」、「排気音OK」でも書類がダメで車検に落ちました。欧州法規と日本法規のハーモナイズ協定が成立しているし、TüVはドイツの正式認証機関でありそこのReportも国際的に認められているものです。車検場の検査官によってはOKになると思いますが、ダメでした。ちなみに神奈川県の相模原の車検場です。

 まあ、しょうがないのでノーマルマフラーに交換して車検を通しました。後は全く問題ないので、すんなりいきましたが、次回からはノーマルマフラーに戻してから車検を受ける事になります。

eマーク
センタースタンドストッパー

結構いいぞ!STRIKERのセンタースタンドストッパー

 マフラー交換に伴って、センタースタンドストッパーを追加設定していたのですが、ノーマルマフラーでも全く問題なく使えました。

 新しいセンタースタンドストッパーブラケットを追加しています。上の写真の丸いやつが新規ブラケットに移植した純正のダンパーで元々は右のマフラーにあるものです。当然、純正マフラーには、このダンパーを取り付けるブラケットがありますが、このダンパーの厚み分空間ができるのでスタンドとブラケットは衝突しません。

ガスケットラベル
ガスケット

再利用時注意!マフラーガスケット

 気になるのは、マフラーのガスケットですね。スリップオン方式のマフラーですが、鉛を薄くして重ねたような板を円筒形にしたガスケットが左右に入っています。

 これが再利用しにくいでの注意が必要です。今回左側が、取り外せずにSpCobra側に残したので仕方なく、純正に戻した時にガスケットレスで組みました(車検時には問題なし、その後に部品を入手しました)。

意外に純正マフラー勇ましい

 久しぶりに純正マフラーの音を聞きましたが、Euro3準拠のSpCobraと大差なく意外でした。

 SpCobraは、法規対応品のマフラーだから当たり前なのですが、非常によくできたいいマフラーです。音質&音圧を重視する人には物足りないかもしれませんが、「音圧は控えめ」で「音質は高回転域も音割れなく嫌味はありません」よ。大人音質&音量で軽量化を目指すなら選択肢としてありではないでしょうか?後はデザインが好みかどうかです。

青木湖にて

このブログは、Cocoon標準のConohaWINGで作っています、興味のある方はバナーからConohaを覗いてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました