Strikerセンタースタンドストッパー

NinjaZX14R
DSC_0329

 SpeedPro COBRAのスリッポオンマフラーを取り付けた時にStrikerさんのセンタースタンドストッパーを取り付けました。

SpeedPro COBRA

 最初に結論:いい部品ですよ!

StrikerさんのZX14R用補修パーツ

 Strikerさんのこの部品に関する情報をネット上で見つけられませんでしたが、他社さんの同種の部品より良さそうだと思ってこちらにしました。扱いとしては、補修パーツなので、自分のマフラーとの相性はやってみないと分かりません。当然自己責任で購入しました。

 まずは、ガレージにあったHoltsのアクリル塗料の黒(日産KH3)でパーツを塗装しました。脱脂した後にミッチャクロンで処理したかったのですが、手持ちがなかったので今回は脱脂のみです。

 バンプラバー(ダンパー)は、純正マフラーにあるものがそのまま使えるので流用でOKです。

ダンパー+ブラケット取り付け状態

 写真撮影用にメインスタンドは、足で押し下げて撮影しています。この絵を見る限り純正品と言っても通用しそうです。

丸いのがバンプラバー 下から撮影

 右の写真で、左側に半分+α見えている同心円上のものがバンプラバーです。スタンドに当たっているのは全体の40%くらいですが、全く問題なく機能してくれています。

 同時に見えているセンタースタンドスプリングの固定ブラケットが、板厚分外に移動します。エキパイ固定部にシム代わりにワッシャーを追加して右のエキパイを少し外に逃がしました。

 純正であれば、純正マフラーにあるバンプラバーにスタンド右足に取り付けられたバンプストッパーブラケットが当たりますが、現状では無用の長物となっています。

スタンド右脚のバンプストッパーブラケット

 下の写真2枚が、格納状態のセンタースタンド姿勢です。ほとんど純正位置と同じだと思いますが、計測等はしていません。見栄えは、個人に任せるとして、この位置でバンク角が不足したという経験は公道では、一度もありません。サーキットを走れば、分かりませんが、、、

スタンドの格納姿勢 右から
スタンドの格納姿勢 左側

 センタースタンドの操作性に関しても問題を感じた事は一度もありません。先ほども書きましたが、左のバンク角も問題を感じた事はありません。

 この部品で3500kmくらい走行していますが、気になる事は全くありません。ちなみに現車は、2018年STDモデルです。

このブログは、Cocoon標準のConohaWINGで作っています、興味のある方はバナーからConohaを覗いてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました