スローライフの日常【チェーンソープライマリポンプ交換】

Slowlife
DSC_0011
交換済のプライマリーポンプ

今回のメンテナンス

 エンジンチェーンソーや草刈り機は、気持ちよく使うにはメンテナンスが必要です。今回は、チェーンソーのプライマリポンプがダメになり交換しました。本来ならダメになる前に交換しておきたいものです。

 今回の部品は、Walbro(ワルボロ)WPV06タイプと呼ばれるキャブレター別体ポンプ用ですが、WPV12タイプと呼ばれるキャブレターに組み込まれていてキャップ部分のみ交換する2種類があります。

 私の草刈り機は、WPV12タイプでサイズがあるのできちんと確認して別途予備部品を発注する予定です。

エンジン始動前のお約束

 プライマリーポンプは、ガソリンタンクからキャブレターにガソリンを機械的に吸い上げさせるものです。

 エンジンが動いていれば、ピストンが下がって空気を吸い込むときの負圧で、タンクからガソリンが吸い上げられます。エンジンを停止して時間が経過すると、キャブレターや燃料ホースにあったガソリンがタンクに戻ってしまって、次にエンジンをスタートしようとしてもガソリンが出てこないので始動しません。

 なので、エンジンを始動する前にこのプライマリーポンプを「ペコペコ」押してガソリンを吸い上げて、キャブレターやホースにガソリンを満たしておくのです。始動前のお約束ですね。

定期交換すべし!

 今回初めてプライマリーポンプを交換しましたが、消耗品だと思って定期的に交換するのがお勧めです。

 買ってから8年くらいが経過しており、ポンプにひび割れが出始めていたのは知っていました。ついに少し漏れが出たので今回交換しました。

 アイドリングは大丈夫なのにエンジンがふけ上がらない妙な現象がたまに出ていたのは、もしかすると既に少し漏れてて、アクセルが開いてエンジンの回転が上がると上昇した負圧でポンプから2次空気を吸い込んで変な現象が出ていたのかもしれません。

道具の不調はストレス

 作業をしていて、道具の調子が悪いと手が止まるし気分は乗らないしとっても効率が下がります。定期的にメンテナンスする方が絶対正解なので、しっかりやっていきたいと思います。エアフィルターとかも経年劣化でぼろぼろになるので、定期交換がいいですね。私は、100円ショップの台所用スポンジを切って加工して入れています。

ヤフオクで調達

今回の失敗

 ポンプを注文するときにアマゾンで、型番と価格だけで「ポチっと」発注して「発送しました」と連絡が来たのに商品が「来ないなー」と思ってもう一度よく見ると発送が中国になっていました。240円送料無料の品が中国からです、、、

 そこで、日本発送の品物を探しましたが1つだけ買えるお店が見つからずヤフオクで買いました。送料込み270円でサクッと入手できました。

 ちなみに5月6日に発注した中国からの品物はまだ手元に来ていません。もともと5月17日-5月31日到着予定となっていたので、当然だと思います。中国からなら2-3週間かかっても普通ですしね。次回のメンテ用に使えばいいので問題なしです。

このブログは、Cocoon標準のConohaWINGで作っています、興味のある方はバナーからConohaを覗いてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました