ZX14Rブーツ新調【大満足アルパインスターズSMX-S】

NinjaZX14R

もう限界、ブーツも刷新

愛用のNitro

 ヘルメットをSHOEI GT airに変更しましたが、実はブーツも2010年からイギリスで使っていたものを現在まで使用しており、完全に寿命でした。

 NitroというメーカーのブーツでUKサイズ7(EU41)で、ソールは剥がれてしまい何度もボンドG17で補修しておりました。お世辞にも「フィット感が」とか言える状況ではなく、そもそもサイズが合っていない感じでしたが、まあ、使えるのでずっと引っ張って使っていました。

 ヘルメットと同じ時期に次のブーツを探し始めました。当初はコミネK502とかでいいかなと思って近くのショップを2つくらい見ましたが、現物に出会えませんでした。

また剥がれてる

 近所の「2りんかん厚木」でアルパインスターズSMXプラスV2のEU40を履くと足首のフィット感がとてもよく、小指の付け根に圧迫感がある事を除いて好印象でした。SMX-Sというモデルもあったのですが、EU42しかサイズ展示が無くその日はそれで退散しました。

 SMX-Sの方がSMXプラスV2に対して下位機種です。どちらも3万円前後でSMX-Sはうまく探せば2.5万円近くで探せそうでした。

 対抗馬としては、値段的にSMX-Sと同等の「SIDIパフォーマ」がありかなと思って再びショップ巡りを行いました。ナップス座間点で、SIDIパフォーマ、アルパインスターズSMXプラスV2、コミネK502と全て展示がありました。

SIDIパフォーマ
作りはNitroに近くて内装はシンプルに最小限、ヒールカップは浅めでEU40だと足首周りのフィット感(タイト感)は薄いが、当たりは無く違和感も無くサイズ的にはEU40だと思う。足首のフィット感を求めてEU39を試すと印象は違うのかもしれないが、試さず。

アルパインスターズSMXプラスV2
アキレス腱を掴むように内装に厚みがありヒールカップは少し深め、サイズが合うと足首全周にフィット感があって安心感がある。
・EU40で指の前方空間はあるけど横方向がタイトな感じ、でも足首のフィット感は素晴らしい。
・EU41だと小指の圧迫感(横方向のタイト感)は無くなるが同時に足首のフィット感も消失し、指の前方空間がかなり大きくなる。

 結局、コミネK502は試さず「サイズEU40のアルパインスターズSMX-SかSMXプラスV2にしよう」と心に決めてショップを後にしました。小指の圧迫感は、「初期なじみが出れば解消できる」と自分で判断しました。参考にされる方は、実際に履いてみて自己判断でお願いしますね。

 ネットでいろいろ探しているとYahooオークションでアルパインスターズSMX-S/SMXプラスV2のサイズやデザイン違いをいろいろ出展されている方がおり、それがベストプライスでした。幸い競う方がいらっしゃらなかったので、スタート値で落札出来ました。

製品へのこだわりを感じるアルパインスターズ

SMX-Sアキレス腱部分の内装
Nitroアキレス腱部分の内装

 写真では分かりにくいと思いますが、二つのブーツのアキレス腱部分の内装の作りが異なっています。

 スキーをやる方は分かると思うのですが、スキーブーツのインナーとよく似た構造でヒールカップでしっかり踵を押さえる(ホールドする)ような設計思想ではないでしょうか。

ソールデザイン

 ソールもアルパインスターズロゴが入っていておしゃれです。ヒール部分の前方が斜めにカットされており、乗車姿勢でつま先が外に開いている事を前提にした設計だと思われます。

 Nitroは、普通にヒール前方は進行方向に直行するように直線デザインだったので、私のブーツはヒール前方内側の角が削れていました。

 何かといろいろ思いが詰め込まれた製品の様で、もともと設計開発業務に携わっていた自分としては、製品への思い入れを感じて信頼感ましまし気分になりました。

いいじゃん、やっぱり!

 今までに2回、4時間と8時間で計10時間ほど使ってみての感想です。

圧迫に関して:1回目
2時間ほどで小指の付け根の圧迫で「しびれと痛み」が出ましたが、その後の2時間でしびれと痛みの状況がひどくなることなくその日の走行を終えました。

圧迫に関して:2回目
「しびれも痛みも出ないなあ」と思っていましたが、6時間を過ぎると小指の付け根に「しびれより先に痛み」が出始めました。その後やや痛みが増す印象はありましたが、その日の走行を終えました。

 結局「内装のなじみが出れば、しびれや痛みは出なくなる」と思いますので予想通りです。

リアブレーキ操作感

 操作性は足首周辺を中心にブーツ全体のなじみがでないとコメント出来ないかと思っていましたが、2回目ではリアブレーキの操作性が良くてすごく走りやすく感じました。Nitroより「ソール剛性が高い」のと「足首周りに変な遊びがなくフィットしている」からだと思います。

シフト操作感

 ソールのグリップがいいのでステップに掛けている力を今まで以上に抜かないと爪先が、シフトの下にスムーズに滑り込まない印象ですが、これは完全に慣れの問題です。2回目ではだいぶ意識しないでシフトアップが出来ています。

足つき性

 Nitroでは、両方の踵が少し浮いて足のまえ半分が接地している感じでしたが、ソール剛性とブーツの張りのために意識しないとブーツが、踵を自然に押し上げて「より爪先荷重になる感じ」です。特別に違和感とかはありませんし、跨った状態での爪先押しの移動もソールのグリップがいいのでやり易く感じます。

 今のところは問題なく、あと何回かか履けば圧迫も無くなってくると思います。アルパインスターズSMX-S大正解のようです。

このブログは、Cocoon標準のConohaWINGで作っています、興味のある方はバナーからConohaを覗いてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました