パワートレーニング講座【11月のFTPテスト】

Bicycle
DSC_0349
FTPテスト結果グラフ、11月3日の結果を追加

 本日(11月3日)毎月恒例のFTPテストを実施しました。やっとグラフが6月に近づきましたが、11月は220Wでまだ6月に3W追いついていません。テスト機材は、6月と11月では変化はありません(ペダルが今回はシマノPD-A530)し、6Sでギアも同じです。要は実力不足です。

 テスト方法はいつものパワートレーニングバイブル指定のプロファイルで、FTPは20分値の95%です。ケイデンス80rpmで安定して回せば、6月と同等かそれ以上になるはずですが、後半10分では75rpmを切るケースもあり踏み切れませんでした。

 11月はFTP設定値を215Wとして、5W上げて練習します。まあ、地道に練習するしかありません。

夏場の不調は何が原因なのか?

夏場が不調は、多分「✕」
気温が高く体温維持にエネルギーを食われていたが、多分「○」

 踏むためのエネルギーが、体温調整(発汗)側に回されているのにそれに頓着せずに踏みに行くので体側が対応できずに「踏めなくなる」という図式だと思われます。不調ではなく、環境に合わせた目標設定が出来ていなかったという事です。

 自分の練習は、VO2_MaxトレーニングなのでインターバルをFTP117%と120%で行います。この設定値を調整しながら、FTP100%を超えないLT閾値トレーニングを混ぜ込むなので工夫が必要でした。6月-9月の期間では、原因が分からずとにかくVO2_Maxレベルで踏めなかったので、仕方なくLT閾値トレーニングに切り替えましたがそれも満足に出来ていませんでした。この4ヵ月で「35回の練習を行い29回がLT閾値トレーニング」でした。

 5月までは、ほとんどがVO2_MaxトレーニングでFTPは順調に上がっていました(5月のFTP低下は別の要因があるので、別の機会に触れようと思っています)。10月は、8回全てがVO2_Maxトレーニングでした。その結果、FTPは6月レベルに近づきました。

 強化したいレベルのトレーニングが出来なければ、結果はついてきません。来年は、この経験を生かしてもう少し効率的な練習が出来るように工夫しようと思います。

このブログは、Cocoon標準のConohaWINGで作っています、興味のある方はバナーからConohaを覗いてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました